SHARE

Zeroforme All Rights Reserved.

  1. TOP
  2. INTERVIEW
  3. TOP1

01

⼈⽣において⻑い時間を占める仕事を、
⾃分にとって価値のあるものに。

MASATAKE KAWASAKI

代表取締役 社⻑

⼈⽣において⻑い時間を占める仕事を、⾃分にとって価値のあるものに。

仕事は、⼈間にとってとても⼤事なもの。男性も⼥性も関係なく、働くことは⼈⽣の中で かなりのウェイトを占めます。だからこそ⼀度しかない⼈⽣では、⾃⾝が活き活きと出来 る仕事をすべきだと思うのです。私の場合は、それが飲⾷サービス業でした。 ウエディングやレストランに携わった以上、「業界の地位をもっと上げたい」と考えてい ます。質を向上させることで、素敵に働く⼈を増やしたい。お客様をはじめ、関わるすべ ての⼈々が幸せを感じて、前を向いて⽣きていけるような活⼒を届けたい。それが存在価 値だと思います。 私が現場で特に⼤事にしているのは、その現場が醸し出す空気。雰囲気は、ちょっとした ⾔葉や⾏動で変わるので、常に意識が必要です。良い空気は、良いチームワークにも繋が ります。⼈と接するのが好き、⾷べるのが好き。シンプルで良いと思う。⼈の喜びを純粋 に⾃⾝も喜べる⼈と⼀緒に働きたいですね。

ゼロフォームが推進する 「飲⾷サービス業」の可能性。

私は、飲⾷サービス業の可能性は無限だと思います。⼤げさではなく、「世界平和」にま で結びつくと。というのも、当社の和洋折衷の料理は、⽇本⽂化とフランスやヨーロッパ の⽂化が合わさってできています。和⾷では出汁をとり、その出汁を⻄洋の⾷材の⾚ワイ ンやチーズと合わせる。それぞれの国の⽂化や⾷材をリスペクトして⽣まれる料理は、相 互の国の交流や理解を深めることにも繋がります。現在当社が取り組んでいる地産地消の ⾷材を使った料理も、⽣産者の想いを届けることで、より深いところで⾷の魅⼒を味わう ことができます。 当社が、そんな発信をすることでさまざまな交流が広がり、結果的に誰かの幸せに結びつ く。今後は、県外にも店舗展開をして、「⾷に関わる」コンセプトを持つ事業を固定概念 にとらわれずどんどん推進していきたいですね。 そして、公の企業として数年後には株式上場が可能な会社に発展させていきたいと考えて います。

社員一覧へ戻る

GRATE PLACE TO LIVE

“生きがい”のある会社