SHARE

Zeroforme All Rights Reserved.

  1. TOP
  2. INTERVIEW
  3. OTHERS

山名 剛士ボナトリーチェ 料理長

飲食店がやりたい人を世の中に増やしたい

お客様の表情を見て会話ができる、それがオープンチッキンの良さです。料理の楽しさや達成感は食べてもらう人の喜びを見ることもひとつです。好きこそものの上手なれ、というようにそういった楽しさを私たちのお店に来てもらうことで知ってもらい飲食店をやりたい人を増やしていきたいと思っています。

河野 保彦ソラニワ 料理長

食材からこだわって、一人でも多くの人に美味しさを

料理の素材にこだわって素材そのものの美味しさを感じてもらうのはもちろん、お客様一人ひとりに寄り添い、柔軟に対応していけるようになりたい。ここで和洋折衷を学ぶことでそれぞれの料理人と刺激しあって柔軟性のあるいい料理が作れると考えているんです。

左近 由一レガリエッタ 料理人

和洋折衷だからこそ、料理人としてスキルアップできる

和洋折衷のお料理を出すお店では、良い意味で何でもトライしていかないといけないんです。洋食、和食、デザートと、自分の専門じゃないものに対しても知識を取り入れて勉強しています。お客様と料理人の距離が近いオープンキッチンのお店にいるので、お客さんとのコミュニケーションも増やしながら、ジャンルを超えて料理のスキルアップを目指していきたいです。

清水 泰行ジョルオーネ 料理長

いつかジャンルにとらわれない料理を出せる店を持ちたい

ご飯を食べた後に笑顔で帰って行かれるお客様の姿を見るのが好きなんです。料理に対しては、自分で美味しいと思える料理を出すことを大切にしています。レシピ通りでも美味しいと思えなければ、自分で納得できる味になるまで工夫します。和食の料理人としてやってきたのですが、今はジャンルにとらわれない料理を出せる店を持つことが目標です。

稲葉 大ソラニワ 料理人

常に全力で、思いを込めた料理で勝負する

お皿が返ってきた時に、全部食べてもらったかどうか、何か残してあったら何がよくなかったのか考えて、そうやってお客様の反応を見るようにしています。見た目も味も、常に新しくて美味しいオドロキがある料理を提供していきたいです。まだまだ料理の腕を自慢できるまでにはないのですが、その分常に全力で、思いを込めた料理をつくることは誰にも負けたくないと思っています。

竹谷 航人アンクィール 料理人

利益よりも本当に美味しいものを提供する

将来は自分で店をやりたいと考えているので、したことのないジャンルの料理を学びたかったんです。ゼロフォームの店では和洋折衷のお料理を出していますし、勤続年数の長い料理人の方が多くて仲も良い。学べることがたくさんあります。美味しいと言って喜んでもらうことが料理人を目指したきっかけなので、利益よりも本当に美味しいものを出すことを一番大切したいと考えているのですが、ゼロフォームはいい食材を使い本当に美味しいものを出すことを全社員が考えています。そういった環境で働いていることが今のやりがいの一つですね。

冨吉 優子アンクィール プランナー

お客様を自分の家族だと思って、最高の結婚式をつくります

プランナーの仕事をして3年目の時に、私の姉がここアンクイールで結婚式を挙げたんです。それがプランナーという仕事に対する考えが変わったキッカケでした。姉の結婚式にとても感動したと同時に、自分のお客様を身内だと思うくらい感動する結婚式をつくっていこうと思いました。ご相談にいらっしゃるお客様は、ゲストと一緒にシンプルな結婚式でお食事を楽しみたいという方が多いですが、結婚式のスタイルはこれまでと比べてかなり多様化しています。どんな形でもこれからの長い結婚生活の中でたくさん思い返してもらえるような最高の結婚式をご提供したいです。

清瀬 華苗ソラニワ プランナー

スタッフのみんなへ成長という恩返しがしたい

入社してまだ1年目ですが、卒業する前に内定をいただいてからアルバイトとしても働かせてもらっていました。まだ経験の浅い私ですが、それでも感じるのは人の良さです。社長や店長といった上司との垣根もなく人間関係が近いので、自分の意見を発言し実行させてもらいやすく、のびのびと自分のやりたいことをやらせてもらえる環境です。レストランでのサービスからブライダルプランナーとしての仕事まで自分なりの接客スタイルをつくることができるよう成長していきたいです。

大久保 沙恵ソラニワ サービス スタッフ

リラックスしていつでも食事に行ける、そんなレストランにしたい

2年ほど今のソラニワというレストランでアルバイトをしていたのですが、ゼロフォームが運営することになってから社員になりました。店舗のスタッフは仲が良く和気藹々とした職場ですが、仕事にはとても真剣で誰にでも相談しやすい環境です。サービスで心がけていることは、前菜からデザートが終わるまでの間にどれだけお客様と親しくなれるかどうか。だんだんお客様の方から会話が弾むようになってくる時がとても嬉しいです。ソラニワは景観が良く高級感のあるレストランですが、お客様にとって親しみのある場所にしたいと考えています。

橋本 裕希ボナトリーチェ 店長代理

“レストラン”を学び、“サービス”を学び、そして将来は本格的なバーをやりたいんです

レニージョエルという店でアルバイトをしていたのが入社のきっかけです。飲食店のホールもサービスも経験があったのですが、この店舗でのサービスがとても楽しくここで働きたいと思い社員になりました。人と話すことが得意ではないのですが、この仕事になるととても楽しいんです。同じ店舗で働くソムリエの岡田さんはまさにサービスのプロフェッショナル。レストランの運営もサービスも学び、いつかは自分でオーセンティックなバーを開きたいと考えています。

眞弓 洋平ジョルオーネ 副店長

最高のサービスを当たり前に提供する

飲食だけではなく、ブライダルや宴会に長く携わってきたので、お客様がお店に訪れるその1日は、その人にとって人生で一番の思い出になるかもしれないと考えてサービスしています。お店の内装、インテリア、その日の気温、お飲物の温度、そういったすべてを含めてお食事の数時間が良い瞬間になるように心掛けています。ですが、あくまでもスタンスとしては“普通”がキーワード。一人ひとりが最高のサービスを当たり前にできる店づくりをしたいです。そういった思いが通じたのか、一度ご来店されたお客様が名前を覚えてくださっていて二度目、三度目の来店をいただくことがあります。そういったことをどれだけ積み上げていけるのかを大切にしています。

WORKSTYLE INTERVIEW

社員一覧へ戻る

GRATE PLACE TO LIVE

“生きがい”のある会社